膝の痛みを治して快適な日常生活を送る

膝の痛みには、さまざまな原因があります。

老化による膝の痛みがあります。 年をとって筋肉が衰えると膝の一部に負担がかかるとともに軟骨も老化するために起こり、年齢とともに膝の痛みを訴える人は多くいます。

肥満気味の方は、歩く時に体重の3~5倍の重さが膝にかかる為に、膝に負担がかかり痛みが起こることがあります。また、スポーツをすることで膝に過重がかかり、膝に痛みがでてくる人もいます。

膝の痛みに良い食品を摂取することも、痛みの緩和に繋がります。エビやカニに含まれるグルコサミン、オクラ、納豆に含まれるコンドロイチンなどがあります。グルコサミンは軟骨再生を助けて関節を滑らかにし、コンドロイチンは軟骨の保水力を高めて関節を柔軟にします。膝痛の場合は無理をせず休む必要がありますが、じっとしていると筋肉や関節が硬くなり、膝関節に悪いです。身体に負担をかけない軽い運動から始め、徐々に運動量を増やしていくと良いと思います。

他にも原因はさまざまですが、いずれも早めに病院へ行き、きちんと原因を突き止めて病状を把握したうえで適切な治療を始めることが大切です。

膝の痛みが緩和されるだけで、毎日快適な日常生活が送れます。

年齢を重ねてゆくと、ひざなどの関節に痛みが出てくる人が少なくありません。膝の痛みは加齢などによって膝の軟骨成分がすり減って少なくなってしまうことが大きな原因の一つといわれています。

膝の痛みを和らげるためには骨と骨との間をつなぐクッションのような役割を持つ関節軟骨が健康なことがとても大切な条件になります。膝の痛みに効果があると言われるサプリメントなども多数販売されていて、人によってはかなり痛みの軽減に役立つとも言われています。サプリメントで栄養を補うことも大切なのですが、膝の痛みの改善にはスクワット体操が効果的です。

膝周辺の関節を取り巻く筋肉を運動によって鍛えることで、ひざにかかる負担を和らげる効果があるというものです。

スクワットを実行するのに注意しなくてはならないのが、膝を曲げたときに膝頭がつま先よりも前に出ないように曲げ伸ばしをするように心がけることです。膝頭がつま先よりも前に出てしまうと、膝に大きな負担がかかり、かえって痛めてしまう心配もあります。

Comments are closed.